> > パナソニック、中国GSソーラーにHIT太陽電池マレーシア工場を譲渡

パナソニック、中国GSソーラーにHIT太陽電池マレーシア工場を譲渡

パナソニックライフソリューションズ社(大阪府門真市)は5月9日、中国太陽電池メーカーのGSソーラー(福建省泉州市)と、太陽電池事業で協業することに合意したと発表した。

今後、太陽電池モジュールを生産するマレーシア工場を譲渡するとともに、太陽電池の研究開発機能を分離して、GSソーラーと新会社を設立する。

パナソニック側は太陽電池事業の開発・生産体制をこの協業で最適化し、創出したリソースでHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)、太陽電池モジュール、蓄電池エコキュート電気自動車(EV)充電等を組み合わせたエネルギーソリューション事業へと転換を図る。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の拡大、固定価格買取制度(FIT)後のポストFIT時代に適した電力マネージメント、自然災害に対する非常用電源普及に努めていく。

また、新会社では、太陽電池のヘテロ接合技術をさらに進化・発展させることで、太陽電池の競争力を強化していく。

マッチングのカギは「ヘテロ接合型太陽電池」

パナソニックは、太陽電池モジュール HIT®用セルを生産している。

(※全文:1345文字 画像:なし 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.