> > 汚れたプラスチックごみの輸出、2021年から相手国の同意が必要に

汚れたプラスチックごみの輸出、2021年から相手国の同意が必要に

4月29日~5月10日に開催された、有害廃棄物の国境を越える移動を規制する「バーゼル条約」の第14回締約国会議(COP14)において、条約の対象となる廃棄物の判断基準・範囲を示す附属書を改正し、汚れたプラスチックごみを規制対象とすることが決定された。この改正附属書は2021年1月から発効される。

同会議は、スイス・ジュネーブにおいて開催された。出席した経済産業省と環境省は5月14日、その結果概要をとりまとめ報告した。両省は、今回の附属書の改正は、汚れたプラスチックごみの輸出を禁止するものではないこと、附属書改正の発効以降は、汚れたプラスチックごみの輸出に当たって、輸出の相手国の同意が必要となると説明している。

また、会期間小作業部会を新たに設置することも決まった。この部会では、プラスチックごみの適正処理に関するガイドラインの改正について検討し、その結果は2020年に開催予定の公開作業部会において検討される見込み。

このほか、報告されている事項は以下の通り。

(※全文:1316文字 画像:なし 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.