> > 日清カップヌードルの容器、植物由来81%のバイオマスプラスチックに

日清カップヌードルの容器、植物由来81%のバイオマスプラスチックに

日清食品(東京都新宿区)は6月11日、「カップヌードル」ブランドのカップ麺商品に、プラスチック使用量と焼却時のCO2排出量を削減した環境配慮型容器「バイオマスECOカップ」を採用すると発表した。

この「バイオマスECOカップ」は、容器に使用する石化由来のプラスチックを植物由来のバイオマスプラスチックに一部置き換えることで、バイオマス度を81%に引き上げることができた。また、従来の容器「ECOカップ」に比べて1カップあたりの石化由来プラスチック使用量をほぼ半減、焼却時に排出されるCO2量を約16%削減した。また「ECOカップ」が持つ断熱性や保香性は維持した。

切り替えは2019年12月から順次開始し、「カップヌードル」が発売50周年を迎える2021年度中を目途に、全量の切り替えが完了する予定。

(※全文:1062文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.