> > 室内の光でも発電する太陽電池、オフィス向けデスクに搭載 蓄電池も内蔵

室内の光でも発電する太陽電池、オフィス向けデスクに搭載 蓄電池も内蔵

リコー(東京都大田区)は6月11日、同社が実用化した室内光で発電する完全固体型色素増感太陽電池が、大成(愛知県名古屋市)とデザインオフィスライン(東京都渋谷区)から発売された、バッテリー搭載型デスク「LOOPLINE T1」に採用されたと発表した。

リコーが開発した完全固体型色素増感太陽電池は、複合機の開発で培った有機感光体の技術を応用することで、電解質を固体材料のみで構成することに成功した。

それにより、電解質に液体を用いる電池が抱える液漏れや腐食といった安全性や耐久性に対する課題を解決。同時に、室内光源波長に適した有機材料の設計や、デバイス構造の最適化を実現することにより、発電性能を大幅に向上させることができた。

(※全文:1245文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.