あべのハルカス、バイオガス発電システムが小型に 生ゴミ1tで熱・電気を供給

  • 印刷
  • 共有
こちらをクリックすると拡大します
こちらをクリックすると拡大します

竹中工務店(大阪府大阪市)は6月17日、生ゴミ活用の建物完結型バイオガスシステム「メタファーム™」(商標登録出願中)を小型化改良し、従来の排出生ゴミ3t/日から1t/日まで適用範囲を拡大したと発表した。

このシステムは、同社が神鋼環境ソリューション(兵庫県神戸市)、テラル(広島県福山市)と2010年に開発したもので、百貨店やホテル、レストランなどの複合ビル内で発生した生ごみ(食品廃棄物)や厨房排水からバイオガスを作り出しエネルギー源として再利用するものだ。同システムは「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)に採用され、3t/日規模の生ごみに対応していた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報