カネカ、G20大阪サミットで生分解性ポリマーのごみ袋などを提供

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

カネカ(東京都港区)は7月10日、インテックス大阪で開催されたG20大阪サミット(6月27日~30日)にて、会場で使用されるごみ袋やカトラリーとして、成分解性ポリマー製品を提供したと発表した。

同社が提供したのは、コンポスト(堆肥化)が可能な同社製品「カネカ生分解性ポリマーPHBH(以下、PHBH®)」を使用したごみ袋やカトラリー。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報