> > 中部電力、ウェブサービスで不正アクセス被害 一時サービス停止

中部電力、ウェブサービスで不正アクセス被害 一時サービス停止

中部電力(愛知県名古屋市)は7月13日、家庭向けウェブサービス「カテエネ」などにおいて、10日から11日にかけて、第三者による不正なログインが行われた可能性があることを発表した。

同社は被害判明後、安全確保のため、同サービスなどのウェブサービスを一部停止していたが、セキュリティ対策を強化したうえで、7月13日よりすべてのサービスを再開した。

(※全文:494文字 画像:なし 参考リンク:なし)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.