> > 東芝、AIを活用し太陽光発電量を予測する技術を開発 予測誤差9.8%改善

東芝、AIを活用し太陽光発電量を予測する技術を開発 予測誤差9.8%改善

東芝(東京都港区)は7月17日、太陽光発電量を予測する技術において、同社独自のAIを活用した高精度な予測技術を開発したと発表した。

同技術は、同社独自の気象予測システムから得られるさまざまデータを活用するとともに、太陽光発電設備の性能や設置条件が不明な場合でも、過去の同設備の発電実績をもとにAIで性能や設置条件を推定し、発電量を高精度に予測するもの。同社によると、同技術適用前と比較して、予測誤差が約9.8%改善したという。

(※全文:1277文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.