> > 東洋紡、有機薄膜太陽電池材料の開発で仏政府機関と共同研究を開始

東洋紡、有機薄膜太陽電池材料の開発で仏政府機関と共同研究を開始

フィルム状のOPV(写真提供:P. Avavian/CEA)

東洋紡(大阪府大阪市)は7月31日、フランスの政府機関である原子力・代替エネルギー庁(CEA)と、室内光発電に適した有機薄膜太陽電池(OPV)用発電材料の開発に向けて、共同研究を開始したと発表した。

今回の共同研究は、同社が開発中のOPV用発電材料を使用したOPVモジュールの室内環境での高い出力性能や、製造工程における高いハンドリング性能などが評価されて実現した。OPVの普及がいち早く見込まれる欧州での展開を視野に、...

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.