> > 東京電力ベンチャーズ、住所のみで戸建用太陽光の導入メリットを予測

東京電力ベンチャーズ、住所のみで戸建用太陽光の導入メリットを予測

東京電力ベンチャーズ(東京都千代田区)は8月5日、Googleの技術を活用し、国内で初めて住所入力のみで戸建住宅に太陽光発電システムを導入した場合の経済性を見ることができるシミュレーションサイト「Suncle(サンクル)」の運用を開始した。

このシミュレーションサイトでは、戸建住宅に住んでいる人が住所を入力するだけですぐに視覚的に自宅の屋根の日当たり状況が把握できるほか、太陽光発電システムを自宅に導入した場合20年間で節約できる電気代、1日で削減できるCO2量などを確認できる。これにより、自宅の屋根が太陽光発電システムの導入に適しているかを検討できる。

2020年までに3億円の売り上げを目指す

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.