> > エコスタイル、低圧太陽光発電ビジネスで協業 100MWpの建設目指す

エコスタイル、低圧太陽光発電ビジネスで協業 100MWpの建設目指す

エコスタイル(大阪市中央区)は8月6日、大和証券グループで再生可能エネルギーやインフラに係る投資ビジネスを展開する大和エナジー・インフラ(東京都千代田区)と国内低圧太陽光発電ビジネスで協業すると発表した。

エコスタイルが北海道から九州までの全国で開発・施工する低圧太陽光発電所を、大和エナジー・インフラが取得するスキーム。エコスタイルは、太陽光発電所の用地選定から部材の仕入れ、施工、保守管理をワンストップで行い、100メガワットピーク(MWp)を目標に順次建設を進めていく。

低圧太陽光発電所を全国に分散投資することは、ポートフォリオとして、太陽光発電事業の地域的な自然災害や異常気象、日照状況の変化によるリスクを低減させるメリットがある。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.