> > 九州経済産業局など、環境・エネ分野の異業種交流会を開催 SDGsテーマに

九州経済産業局など、環境・エネ分野の異業種交流会を開催 SDGsテーマに

九州経済産業局は9月6日、佐賀県唐津市で「SDGsに企業が取り組む意義」をテーマに、環境・エネルギー分野に特化した異業種交流会「エコ塾」を開催する。主催は同局のほか、九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)、唐津市。講演会の参加費は無料。

九州経済産業局と九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)は2007年6月、環境・エネルギー関連産業における人脈形成、ビジネスマッチング、新規ビジネス創出の推進を目的にした「エコ塾」をスタートした。これまで企業・団体、行政、大学、学生など累計7,000人以上が参加。今回が第126回目の開催となる。

SDGsを基礎から優良事例まで

今回のエコ塾では3名が登壇する。凸版印刷 コーポレートコミュニケーション部部長・今津 秀紀氏は...

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.