> > 三菱重工グループ、広島市清掃工場の長寿命・省エネ化工事を受注

三菱重工グループ、広島市清掃工場の長寿命・省エネ化工事を受注

三菱重工環境・化学エンジニアリング(MHIEC/神奈川県横浜市)は8月20日、広島市から一般廃棄物焼却施設「広島市中工場」(広島市中区)の燃焼設備等改修工事を受注したと発表した。経年劣化した焼却施設の受入れ供給設備・燃焼設備・燃焼ガス冷却設備・通風設備・灰出し設備・計装設備など主要機器の更新を行い、長寿命化と省エネルギー化を図る。

また、同社が特許を持つ安定燃焼に寄与する「新燃焼制御システム」を導入。各種電動機に高効率モーターやインバータを採用することで省エネ化を図り、CO2排出量を年間9.6%程度削減し地球温暖化対策にも貢献する。受注額は58億4,000万円(税抜)、完成は2023年3月の予定となっている。

同施設は、三菱重工業の設計施工により2004年2月に完成したもの。燃焼設備は処理能力200トン/日の24時間連続燃焼式ストーカ炉が3基(計600トン/日)と関連設備で構成され、1万5,200kW の発電能力を備える。焼却炉の余熱は工場内の冷暖房や給湯に利用し、蒸気タービン発電機により工場内で使用する電気をまかない、これ以外の余剰電力は売電している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.