> > YAMABISHI、デンソーに長時間停電対策用の無停電電源装置を導入

YAMABISHI、デンソーに長時間停電対策用の無停電電源装置を導入

YSB-5K

YAMABISHI(東京都大田区)は8月26日、デンソー(愛知県刈谷市)にコンパクト型長時間バックアップ対応の無停電電源装置(YSBシリーズ)が採用されたと発表した。高棚製作所(愛知県安城市)へ4月に導入し、製造ラインに使用する接着剤の冷蔵保存設備へのバックアップを目的に稼働している。

デンソーでは従来、高圧受電設備の全停電作業など数時間以上の停電を事前に把握できる場合には、非常用発電機に切り替え冷蔵保存設備への電力供給を継続していた。非常用発電機の使用燃料の削減と災害時の停電対策を目的に、冷蔵保存設備用無停電電源装置の導入を検討していた。接着材は低温での保存が必要なため、停電の際にも温度を保つよう停電後に短時間での電力供給を必要としていた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.