> > トヨタとスズキが資本提携 協業で環境規制などの課題克服へ

トヨタとスズキが資本提携 協業で環境規制などの課題克服へ

トヨタ自動車(愛知県豊田市)とスズキ(静岡県浜松市)は8月28日、長期的な提携関係の構築と推進を目指し、資本提携に関する合意書を締結したと発表した。

環境に関わる規制強化に加え、異業種からの新規参入やモビリティビジネスの多様化など、自動車業界は大きな変革期を迎えている。各社が得意とする技術・商品や既存の事業基盤の強化だけではなく、新たなフィールドでの協力関係を構築・深化させることで、自動車産業を取り巻く様々な課題を克服し、持続的成長の実現を目指す。

トヨタは、スズキが実施する第三者割当による自己株式の処分により...

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.