> > 鹿児島銀行、環境省のESG金融促進事業に採択 家畜糞尿バイオマス発電支援

鹿児島銀行、環境省のESG金融促進事業に採択 家畜糞尿バイオマス発電支援

鹿児島銀行(鹿児島県鹿児島市)は9月3日、環境省の「地域におけるESG金融促進事業」の支援先機関として同行が採択されたと発表した。

採択された案件は、肝付町などが実施する「バイオマス発電による地域課題解決とエネルギーの地産地消モデル構築事業(仮称)」。畜産が主要産業である肝付町において、従来からの地域課題である畜産糞尿を地域資源として捉え、バイオマス発電の原料として活用を検討する。同行は支援先機関として、全体構想の策定と、金融面や地域活性化支援に取り組む。

企業誘致・スマート農業確立で「肝付町モデル」目指す

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.