> > 東レ、PETボトル再利用の繊維事業本格化 2020年から新ブランドで

東レ、PETボトル再利用の繊維事業本格化 2020年から新ブランドで

東レ(東京都中央区)は9月5日、回収PETボトルを繊維原料として再利用する取り組みを本格的に開始すると発表した。繊維事業の新ブランド「&+(アンドプラス)」設定し、2020年1月から本格販売を開始する。

同社はこの取り組みに向け、PETボトルリサイクル繊維の生産技術を開発。多様な品種展開と高い白度を実現するとともに、独自のトレーサビリティ付与技術によりリサイクル原料の使用が証明可能となった。これまで機能性や感性、信頼性が課題となり同繊維の使用が限られてきたファッションや高機能スポーツ、ライフウエア用途などでも使用できる。

繊維事業ブランド「&+」をPETボトルリサイクル活動のシンボルとして広く社会に訴求するとともに、消費者に対する国内外のリテーラー(小売業)を通じたマーケティングにより、高付加価値PETボトルリサイクル繊維のグローバルな拡大を図る。

白さ・糸種などリサイクル繊維の課題を解決

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.