> > 埼玉県で地産地消型の食品ロス削減モデル構築 子ども食堂へ野菜など提供

埼玉県で地産地消型の食品ロス削減モデル構築 子ども食堂へ野菜など提供

埼玉県は9月9日、農産物直売所を展開するタカヨシ(千葉県千葉市)と、各地域で活動する「子ども食堂」などを直接マッチングすることで、発生する食品ロスをその地域内で活用する地産地消型の食品ロス削減モデルを構築したと発表した。

フードバンクや子ども食堂などが抱える運搬・保管場所といった課題を解決し、生鮮食品の活用を可能にするという点において、県内初の取り組み。

モデルの概要は、下記の通り。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.