トヨタ、本社工場で燃料電池発電機の実証を開始 自動車のシステムを活用

  • 印刷
  • 共有

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は9月18日、燃料電池自動車(FCV)MIRAIに搭載されている燃料電池システムを活用した、定置式の燃料電池発電機(FC発電機)の実証運転を開始したと発表した。豊田市の本社工場敷地内に設置、定格出力を100kWとして24時間連続運転を行い、水素使用量当たりの発電量などのエネルギー効率をはじめ、発電出力の安定性、耐久性、メンテナンス性などを検証・評価する。

23151-1

今回導入したFC発電機は、トヨタとトヨタエナジーソリューションズ(愛知県豊田市)が共同で開発。MIRAIのFCシステムを活用することで、高性能で安価な機器の製造を目指す。MIRAIに搭載されているFCスタック、パワーコントロールユニット、2次電池などのFCシステムをそれぞれ2セット使用。発電した電力は本社工場で利用する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報