> > ASEANへの環境協力、海洋プラごみ削減などで新たな取り組み 環境省

ASEANへの環境協力、海洋プラごみ削減などで新たな取り組み 環境省

ASEAN(東南アジア諸国連合)とともに日本が初めて主催する日ASEAN環境閣僚対話と、第16回ASEAN+3(日中韓)環境大臣会合が10月9日にカンボジア・シェムリアップで開催された。環境省が10月10日、その概要をとりまとめ発表した。

日本からは、佐藤ゆかり環境副大臣が出席した。日ASEAN環境閣僚対話で、佐藤副大臣は、2017年の日ASEANサミットで安倍総理が提唱した「日ASEAN環境協力イニシアティブ」(表参照)に基づいた、ASEANの「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向け、さらに包括的な環境分野の協力の実施を表明した。各国からは進捗報告が行われた。

海洋プラごみナレッジセンターの立ち上げを表明

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.