> > 第6次評価展望など解説 IPCCシンポジウム「くらしの中の気候変動」開催

第6次評価展望など解説 IPCCシンポジウム「くらしの中の気候変動」開催

国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が公表した土地関係特別報告書および海洋・雪氷圏特別報告書をメイントピックとして、環境省は11月21日、気象庁と共にIPCCシンポジウム「くらしの中の気候変動」を開催する。シンポジウムの内容は、インターネット上で中継配信を予定している。

IPCCは5月に各国の温室効果ガス算定のための「2019年方法論報告書」、8月に「土地関係特別報告書」、9月に「海洋・雪氷圏特別報告書」を公表。現在は2021年から2022年に予定されている「第6次評価報告書」の公表に向けた作業が大詰めを迎えている。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.