> > 東北電力、洋上含む風力発電事業2件に出資 男鹿市北部沖合にて

東北電力、洋上含む風力発電事業2件に出資 男鹿市北部沖合にて

東北電力(宮城県仙台市)は10月17日、2つの風力発電事業に出資参画すると発表した。秋田県能代市から男鹿市北部沖合での最大発電規模45万5000kWの洋上風力発電事業(2024年度以降に運転開始予定)と、能代市周辺での出力規模約10万kWの陸上風力発電設備(2021年度に着工、2023年度以降に運転開始予定)の建設計画に携わることになる。

今回の取り組みの概要は、以下の通り。

地元企業に加え、大林組、関西電力らが参画

秋田県北部洋上風力発電事業

秋田県北部洋上風力発電事業の事業化に向けた検討を行っているのは、秋田県北部洋上風力合同会社(東京都港区)。大林組(東京都港区)や関西電力(大阪府大阪市)、秋田銀行(秋田県秋田市)らが出資している。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.