> > 旭化成とライオン、使用済み容器・包装プラを再び容器に 技術開発を開始

旭化成とライオン、使用済み容器・包装プラを再び容器に 技術開発を開始

旭化成(東京都千代田区)とライオン(東京都墨田区)は10月16日、一般家庭などから廃棄・回収される容器・包装プラスチックを、容器の原料として再利用するための技術開発を開始すると発表した。

この技術開発は、両社が参加するプラスチックの高度資源循環を実現する「マテリアルリサイクルプロセスの研究開発プロジェクト」が、NEDO先導研究事業のテーマに採択されて実施する。福岡大学が主導する同プロジェクトには、計18の企業や大学・研究機関が参画する。

両社は、このプロジェクトの中で、再生ポリエチレンをベースとした環境製品生産と資源循環社会システム研究を行う。研究では、一般家庭等から廃棄・回収される容器・包装プラスチックなどを再生した原料を配合したペレット製品の開発から、そのペレットを使用した容器の成形性評価、最終製品としての品質評価までを、各工程を専門とするメーカーと共同して行う。この検討を通じて、旭化成とライオンは、プラスチックのリサイクルシステムを構築する技術を開発する。実施期間は2020年7月31日まで。

回収・選別から最終製品の評価まで4工程で実施

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.