> > 石井食品、2021年までに食品包装をプラ代替材 「LIMEX」に切替

石井食品、2021年までに食品包装をプラ代替材 「LIMEX」に切替

石井食品(千葉県船橋市)は10月17日、TBM(東京都中央区)と共同研究開発を行い、環境負荷軽減を目指し、LIMEX(ライメックス)の新たな用途開発に向けた基本合意を締結した。

今回の本基本合意に基づき、同社は、石井食品の主力商品である「おべんとクン ミートボール」をはじめとする『おべんとクン』シリーズや「チキンハンバーグ」などの食品包装(軟包材)を、2021年までにLIMEX製に切り替える他、おせちのトレーなどにもLIMEXを活用し、食品業界における環境負荷削減を目指す。なお、LIMEXは、TBMが開発したプラスチック代替素材。主原料である石灰石とバイオ由来の生分解性樹脂から構成されており、レジ袋や食品トレーなどに替わるプラスチック代替材として注目を集めている

今後、同社が実施するLIMEX活用の主な取り組みは、次の通り。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.