> > ウェザーニューズなど、電力施設でのドローン利用で点検作業の効率化推進へ

ウェザーニューズなど、電力施設でのドローン利用で点検作業の効率化推進へ

ウェザーニューズ(千葉市美浜区)は10月17日、朝日航洋(東京都江東区)、テラドローン(東京都渋谷区)とともに、電力施設内におけるドローンを使った施設点検と、有人ヘリコプターとドローンの運航管理実験を実施したと発表した。

同実験は、有人ヘリコプターとドローンそれぞれの運行管理システムの情報を連携させ、有人ヘリコプターに共有することで、衝突回避の有効性を確認した。

同社は、この実験により、電力施設点検用ドローンと有人ヘリコプターの共同作業の安全が担保されることで、電力施設点検用ドローンの社会実装をより一層進めることが可能になるとしている。

今後は悪天候回避に加え、衝突回避技術を確立することで、有人ヘリコプターとドローンがともに安全に運航できる環境整備を進めていく。

有人ヘリコプターとドローンを一括管理

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.