伊藤忠、EV電池をコンテナ型定置用蓄電池へ再利用 中国メーカーと提携へ

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

伊藤忠商事(東京都港区)は10月28日、中国の車載用電池リサイクルメーカーと資本業務提携し、車載用電池をコンテナ型定置用蓄電池へ再利用するビジネスに参入すると発表した。同社は、提携先であるShenzhen Pandpower(中国・広東省深セン市/PAND社)から第三者割当増資を引き受ける。

リユース電池で低コストな蓄電池システム構築が可能に

同社は、自社ブランドの蓄電システムを開発・販売するなど、蓄電池および関連部材ビジネスに注力。リチウムイオン二次電池事業にも取り組んでおり、今回の資本提携もその一環である。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報