> > 清水建設など、木材からバイオプラの原料を製造 島根に研究施設が完成

清水建設など、木材からバイオプラの原料を製造 島根に研究施設が完成

清水建設(東京都中央区)は10月29日、隠岐の島町(島根県隠岐郡)で建設を進めてきた、木材からバイオプラスチック原料を製造する研究施設が完成したと発表した。

今回完成した施設は、藤井基礎設計事務所(島根県松江市)、神鋼環境ソリューション(兵庫県神戸市)、神鋼商事(大阪府大阪市)と4社共同で進めてきた、木材からバイオプラスチックの原料となるリグノフェノールを抽出・製造する施設。施設を活用してリグノフェノールの経済的な製造プロセスを検証するとともに用途開発に取り組み、2021年にも商用プラントの建設に着手する計画だ。

同研究施設は、これまでの共同研究の成果を反映したリグノフェノールの小規模製造プラントで、生産能力は年間1t程度。4社は協力して商用化に向けて製造プロセスの経済性を追求するとともに、リグノフェノールをサンプル出荷し、市場開拓を推進する考えだ。

国内林業の再生、地方経済の活性化への期待も

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.