> > 高知県の平均気温は100年で約1.5℃上昇 適応策の必要性を訴求

高知県の平均気温は100年で約1.5℃上昇 適応策の必要性を訴求

画像はイメージです(© PantherMediaGmbH / amanaimages PLUS)

高知県は10月30日、気候変動の影響を伝えるとともに、その影響に適切に備える「適応策」の必要性や県の取り組みを紹介するコンテンツをウェブサイトで公開した。

高知県の平均気温は100年で約1.5℃上昇

高知地方気象台の観測によると、高知県の年平均気温は長期的に有意に上昇を示しており、100年あたり1.5℃(統計期間:1886~2018年)の割合で上昇している。気温の変動は地球温暖化の影響や観測所が都市部にあることによるヒートアイランドの影響があり、さらに数年~数十年程度の時間規模で繰り返される自然変動が重なっていると考えられている。一方、年降水量は、はっきりとした長期的な変化傾向はみられていない。

また、高知県の気候変化予測では、21世紀末、地球温暖化が最も進行する場合、20世紀末に比べて年平均で4℃上昇し、季節によって3.6℃~4.6℃程度の上昇が予測されている。季節別では、冬の上昇が最も大きいと予測されている。また、高知市の年平均気温は、現在の種子島(鹿児島県)より高くなると予測されている(現在の年平均気温の平年値高知市:17.0℃、種子島:19.6℃)。

高知県が取り組む適応策

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.