> > アメリカ・トランプ政権、「パリ協定」離脱を国連に正式通告

アメリカ・トランプ政権、「パリ協定」離脱を国連に正式通告

画像はイメージです(© kanzilyou / amanaimages PLUS)

アメリカのマイク・ポンペオ国務長官は11月4日、自身のツイッターで、「本日、パリ協定からの離脱手続きを正式に開始する」という声明を発表した。

パリ協定は2015年、フランス・パリで開催された気候変動枠組条約締約国会議(COP21)で採択されたもの。最終到達点として、温室効果ガスの排出量を実質ゼロとする『脱炭素社会』を掲げており、今世紀後半のできるだけ早期に実現することを目指している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.