> > 三井不動産、太陽光発電をパネル単位で保守管理 IoTシステムを試験運用へ

三井不動産、太陽光発電をパネル単位で保守管理 IoTシステムを試験運用へ

太陽光発電設備の保守管理IoTプラットフォーム全体図

三井不動産(東京都中央区)は2020年1月から、東京大学発ベンチャーのヒラソル・エナジー(東京都文京区)が提供する、太陽光発電設備をパネル単位で保守管理するIoTプラットフォーム「PPLCTM-PV」の試験運用を、柏の葉エリア(千葉県柏市)で開始する。

現在、同エリア内の商業施設「柏の葉ゲートスクエア」と「ららぽーと柏の葉」には、太陽光発電設備のパネルを合計で2,800枚設置している。その太陽光発電設備の保守管理の効率化を目的として、「PPLCTM-PV」の試験導入を決定した。

太陽光発電設備は、故障などによるパネル1枚の不具合が全体の発電量に影響を及ぼす。一方で、発電量が下がっているパネルの特定のためには、定期的な人の派遣によりすべてのパネル点検を行い、不具合箇所を探すしかなかった。

この「PPLCTM-PV」は、IoTを活用した次世代電力線通信技術で、太陽光発電パネル1枚毎に外付けのセンサーを設置することで、センサーから収集した電圧や温度などのデータを分析し、パネル1枚単位で遠隔での異常検知が可能となる。パネル毎の不具合をすばやく把握対応することで、発電量の最大化を実現し、また設備の検査コストやパネルの定期的な交換にかかるコストなど、ライフサイクルコスト全体の削減を目指していく。

簡易な装置で多数のパネルを監視

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.