> > スズキと豊田通商、インドで自動車解体・リサイクルの合弁会社を設立

スズキと豊田通商、インドで自動車解体・リサイクルの合弁会社を設立

画像はイメージです(© karepastock / amanaimages PLUS)

スズキ(静岡県浜松市)のインド子会社マルチ・スズキ・インディア社(マルチ・スズキ)は11月6日、豊田通商(愛知県名古屋市)、豊田通商グループ子会社のToyota Tsusho India Private Limited(TTPL)とともに、使用済み車両の解体とリサイクルを行う合弁会社Maruti Suzuki Toyotsu India Private Limited(MSTI)を設立したと発表した。マルチ・スズキと、TTIPLを含む豊田通商グループがそれぞれ50%出資する。

MSTIは2020年度中に、ニューデリー近郊ウッタル・プラデーシュ州のノイダ地区において、車両解体・リサイクル施設を設立する計画だ。事業内容は、使用済み車両の仕入れ、解体、廃液の抜き取りなど環境に配慮した操業を行い、処理されたスクラップを素材として販売する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.