> > 明電舎、研究所などでCO2排出ゼロ電気へ トラッキング付「非化石証明」

明電舎、研究所などでCO2排出ゼロ電気へ トラッキング付「非化石証明」

明電舎(東京都品川区)は11月7日、明電舎総合研究所と大崎会館の電力について、FIT非化石証明書を組みあわせた実質再生可能エネルギーの電気に切り替えることを発表した。これにより、両施設における電力消費に伴うCO2排出はゼロとして扱われる。

これら施設の電力は、子会社であるエムウインズ(東京都品川区)の銚子しおさい風力発電所(千葉県銚子市)から調達する。エムウインズではこれまでも風力発電事業を展開してきたが、固定価格買取制度(FIT)の対象として売電していることから、再生可能エネルギー由来であってもCO2を排出しない電気として扱われていなかった。

この取り組みでは、FIT電気の買取をしている東京電力エナジーパートナー(東京都中央区)の協力で、非化石価値取引市場からCO2を排出しない環境価値を示す「非化石証書」を調達し、同発電所のトラッキング情報を付与したものを購入する電気と組み合わせて供給する。これにより同発電所で発電した電気はCO2排出ゼロとして扱われる。

「非化石証明」で広がるCO2排出ゼロエネルギーの活用

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.