> > 自治体・企業向けEVスマート充電サービスの開発へ エネットらが協業

自治体・企業向けEVスマート充電サービスの開発へ エネットらが協業

クリックで拡大します
EVスマート充電サービスのイメージ(例:電気料金が安く電力消費が少ない時間帯に充電)

エネット(東京都港区)は11月11日、自治体や企業に向けたEV(電気自動車)スマート充電サービス「EnneEV(エネーヴ)」の開発に向けて、北米・欧州を中心にEV充電プラットフォームを提供するDriivz(イスラエル)と、国内大手EV用普通充電器製造メーカーの日東工業(愛知県長久手市)と協業を開始すると発表した。

3社の強みを生かしサービスを提供

エネットでは電力データの分析・最適化、省エネルギーサービス等にICTやAIを活用し取り組んできた。一方Driivzは北米・欧州市場において10,000台以上のEV充電器を制御・管理してきた実績があり、日東工業では数多くの遠隔制御対応のEV用充電器の導入実績を有する。今後はこれら3社の技術を組み合わせることで、以下のサービスを提供していく。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.