> > カンボジアのこども医療センターに太陽光発電を寄贈 エグチホールディングス

カンボジアのこども医療センターに太陽光発電を寄贈 エグチホールディングス

エグチホールディングス(愛知県名古屋市)は11月11日、グローバルサポートリミテッド(香港)、EGC(愛知県名古屋市)と共同で、カンボジア・カンダール州の「ジャパンハートこども医療センター」に36.9kW規模の太陽光発電設備を建設、寄贈したと発表した。

カンボジアでは慢性的な電力供給不足や不安定な電気インフラが課題になっており、同医療センターでも手術中にたびたび停電が起こっていた。停電が起きるたびに医療スタッフが自家発電設備まで走り、発電機を起動させていたという。こうした状況を踏まえ、3社は太陽光発電設備の建設を行うことを決めた。

ASEAN諸国のインフラ整備に貢献へ

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.