> > JERA、台湾で12.8万kWの洋上風力を完工 年内にも商業運転を開始

JERA、台湾で12.8万kWの洋上風力を完工 年内にも商業運転を開始

発電設備の外観と位置図

JERA(東京都中央区)は11月12日、事業パートナーとともに、同社が参画する台湾苗栗県での洋上風力発電プロジェクト「フォルモサ1」の完工式典を開催した。2017年4月に運転を開始した第1フェーズ(8,000kW)に続き、第2フェーズとして2018年6月から建設を進めてきたもの。第2フェーズの発電規模は12万kW。2019年内の商業運転開始を見込んでいる。

同社は10月、新たな洋上風力発電プロジェクト「フォルモサ2」への参画も発表している。日本と自然条件の類似した台湾で、開発段階の異なるプロジェクトに同時並行的に参画することで、大規模洋上風力発電を国内外で主体的に開発できる体制の構築を進めていきたい考え。

第1フェーズは2017年4月に運転を開始

023498-2

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.