> > 「再エネ拡大に政府の力を」脱炭素経営フォーラムを開催 小泉大臣挨拶も

「再エネ拡大に政府の力を」脱炭素経営フォーラムを開催 小泉大臣挨拶も

閉会のあいさつに立つ小泉進次郎環境大臣

環境省とCDPは11月19日、都内で「脱炭素経営フォーラム」の第1日目を開催した。環境省らとのディスカッションに参加したCDP CEOのポール・シンプソン氏は、再エネ導入の拡大について他国の事例などをあげ「(再エネの拡大は)一夜で実現できるわけではない」として「税の控除や補助金でインセンティブを与えるなどの取り組みによって、ゆるやかな移行が図られる。政府の力により一定程度まで利用が拡大すれば、市場の力によって広がっていく」と政府と企業の協力が重要であると述べた。

事業者と投資家によるパネルディスカッションでは、事業者側から「どこまで取り組みを行なえば、投資家に私たちの実力を正しく判断してもらえるのか」と質問があり、投資家からは「全員に好かれるのは無理。何を重要と考えているかなど、自社が大切にしていることを発信し、それをキャッチした投資家と未来を共有することが大事」と説明した。

また、閉会の挨拶に登壇した小泉進次郎環境大臣は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.