> > アサヒ飲料、全容器資材に植物原料使用の三ツ矢サイダー発売 72万本出荷へ

アサヒ飲料、全容器資材に植物原料使用の三ツ矢サイダー発売 72万本出荷へ

アサヒ飲料は11月下旬から11月20日、容器資材全てに植物由来原料を使用した「三ツ矢サイダー」PET1.5リットルを順次出荷すると発表した。生産数量は72万本(2018年度32万本)。今回の取組みで、約23tのCO2排出量の削減が可能となる。

資材に含まれる植物由来原料の割合は、PETボトルが30%、キャップが30%、ラベルは80%。使用した割合は前年と同様だが、さらなる環境負荷低減を目指し、バイオマスキャップの樹脂使用量を10%削減し軽量化を図った。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.