> > 世界初・海洋でも生分解するレジ袋を開発、来夏に販売へ 福助工業

世界初・海洋でも生分解するレジ袋を開発、来夏に販売へ 福助工業

画像はイメージです(© whitcomberd / amanaimages PLUS)

軽包装資材メーカーの福助工業(愛媛県四国中央市)は11月26日、世界初となる、海洋でも土壌でも微生物の働きにより生分解するレジ袋を開発したと発表した。2020年7月から数量を限定した販売開始を目指す。

同社では、環境対応型製品として、トウモロコシなどの植物資源を原料とする生分解性樹脂で作った袋「エコレックス」を展開している。この袋は、使用後に土壌に放置された場合でも、微生物によって水と炭酸ガスに分解される。今回、この「エコレックス」で、土壌と海洋で分解性するタイプを完成させた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.