> > 書店のレジ袋対策へ布製エコバッグを製作、推奨売価100~150円 日販

書店のレジ袋対策へ布製エコバッグを製作、推奨売価100~150円 日販

オリオン書房限定エコバッグ(左)・名作モチーフ『赤毛のアン』エコバッグ(右)
※イメージ画。デザインは変更になる場合もある

日本出版販売(日販/東京都千代田区)は11月28日、書店法人向けに布製オリジナルエコバッグの受注を開始した。地球環境保護対策として製作を企画したもので、プラスチック製レジ袋の代わりに利用しやすい価格帯(推奨店頭売価100~150円)で消費者へ提案していく。

書店ごとのオリジナルデザインの限定バッグのほか、「赤毛のアン」や「ウォールデン 森の生活」など、名作をモチーフにしたデザインのオリジナルエコバッグを製作する。この企画の皮切りとして、2020年2月から、日販グループのリブロプラス(東京都立川市)が運営するリブロ・オリオン書房・あゆみBOOKSで、各店をモチーフにしたデザインのエコバックを店頭で限定販売する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.