> > 米GM×韓国LG化学、低コスト蓄電池開発に向け23億ドル投資

米GM×韓国LG化学、低コスト蓄電池開発に向け23億ドル投資

ゼネラルモーターズ(GM)と韓国のLG化学は12月5日、低コストバッテリーの開発に向け合弁事業契約を締結、米オハイオ州での車載用蓄電池工場開設を発表した。EV用バッテリーセル量産計画にもとづくもので、両社折半で出資し合弁会社を設立。出資額は最大で総額23億ドル、2020年半ばの起工を予定している。

全車電動化を目的に連携し、kWhあたりのコストを業界トップレベルに削減することを目指す。新工場では、年間30GWh以上の生産能力を確保し、今後の拡張にも柔軟に対応してく。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.