地元の未利用木材でバイオマス熱電併給 和歌山で2020年12月稼働へ

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

シン・エナジー(兵庫県神戸市)は12月10日、和歌山県有田郡有田川町で900kWの木質バイオマス発電事業を行う計画を発表した。地元主体の発電所として、地元の金融機関の融資や林業関係者などから出資を募る。2020年5月に着工し2020年12月の発電開始を目指す。

発電設備はオーストリアのURBAS(ウルバス)社製の熱電併給装置を採用する。同社によると、定格出力450kW×2の同設備導入は国内初だという。年間発電量は約6,700MWh (一般家庭の約2,300世帯分に相当) 。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報