> > 川崎重工、世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」進水式

川崎重工、世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」進水式

(出典:YouTube Kawasaki Group Channel)

川崎重工は12月11日、神戸工場において、同社が製造した世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」(第1740番船)の命名・進水式を行った。2020年秋頃の竣工を予定している。

同船は、マイナス253℃に冷却し体積が気体の800分の1となった液化水素を、安全かつ大量に長距離海上輸送するために開発された。今後、播磨工場(兵庫県加古郡)で製造している1,250m3の真空断熱二重殻構造の液化水素貯蔵タンクを搭載する。船の全長は116.0メートル、総トン数は約8,000トン。船籍は日本。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.