> > 東電EP、神奈川でCO2フリー・地産地消の電力プラン 県環境施策に寄与

東電EP、神奈川でCO2フリー・地産地消の電力プラン 県環境施策に寄与

(左から)東電EP・秋本 展秀社長、黒岩 祐治県知事、大竹 准一企業庁長

東京電力エナジーパートナー(東京電力EP/東京都中央区)は1月6日から、神奈川県が保有する11ヵ所の水力発電所を電源とする、CO2フリー・地産地消の電気料金プラン「アクアdeパワーかながわ」の申し込み受付を開始した。2020年4月から供給する。

同プランは、神奈川県内における環境施策の推進に寄与していくことなどを目的に提供される。加入条件は、東京電力EPと特別高圧または高圧で契約している県内の事業者で、使用する全ての電気を同メニューで契約することが必要だ。

料金は、約款に記載されている標準料金に環境付加価値分(プレミアム価格)を加算。 徴収された電気料金のうち、この環境付加価値分の収益は、同県の環境施策推進などに活用される。

023810-2

(出所:神奈川県ウェブサイト)

2019年末に県、企業庁と協定を締結

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.