> > 北陸3県で初、福井県敦賀市に再エネ水素ステーションが開所

北陸3県で初、福井県敦賀市に再エネ水素ステーションが開所

今回敦賀市に開所したH2One ST Unit(TM)

福井県敦賀市と東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)は、北陸3県では初となる再エネ水素ステーション「H2One ST Unit(TM)」(東芝エネルギーシステムズ製)を、2019年12月26日に敦賀市内に開所した。

「H2One ST Unit(TM)」は、再生可能エネルギーで発電した電力から水素を製造し、燃料電池車に充填が可能なシステム。最速3分で満充填でき、1日当たり燃料電池車約8台の水素製造能力を有している。

2020年度上期中に、自立型エネルギー供給システムのワンコンテナ型「H2One(TM)」(東芝エネルギーシステムズ製)を増設し、再生可能なエネルギー由来の水素に加えて、再生可能エネルギー由来の電気を電気自動車や同市内の公設地方卸売市場に供給を行う「H2Oneマルチステーション(TM)」として稼働する計画だ。

023820-2

水素を活用したサプライチェーンの構築へ

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 48 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.