> > 電気事業者の排出係数(2018年度) 「排出係数ゼロ」メニューはほぼ倍増

電気事業者の排出係数(2018年度) 「排出係数ゼロ」メニューはほぼ倍増

画像はイメージです(© fanjianhua /amanaimages PLUS)

環境省は1月7日、2018年度の電気事業者ごとの基礎排出係数と調整後排出係数等を公表した。二酸化炭素等の温室効果ガスを一定量以上排出する者(特定排出者)が、地球温暖化対策推進法に基づき、2019年度の温室効果ガス排出量を算定・報告する際に用いるもの。特定排出者は、この係数を2020年度の報告で使用する。

今回公表された資料では、エネット(東京都港区)やミツウロコグリーンエネルギー(東京都中央区)、Looop(東京都台東区)などのメニュー別の調整後排出係数が掲載されている。また、各社の係数のうちメニューAでは、調整後排出係数ゼロ(0.00000トン-CO2/kWh)となっている。

パリ協定やSDGs(持続可能な開発目標)などをきっかけに、企業のESG(環境・社会・ガバナンス)要素に配慮したESG投資も広がっている。こうした中、環境負荷の低い電気のニーズが高まっており、実質的に再生可能エネルギー100%で、調整後排出係数ゼロとなる電力メニューを提供する電気事業者が増えている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.