コンゴの廃プラ問題をブロックチェーン技術で解決へ エコポイントで回収促進

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

ブロックチェーン開発事業を手がけるナンバーワンソリューションズ(東京都目黒区)は1月6日、コンゴ民主共和国の首都キンシャサ州で、廃プラスチック処理に関する現地調査と、ブロックチェーン技術をもとにしたアプリケーション開発を行うと発表した。プロジェクトの開始は2020年2月より。

プロジェクトの基幹となるシステムは、同社開発の地域通貨構築システム「コイニティ」。地域やグループなどのコミュニティで独自のコイン(ポイント)を発行できるシステムで、発行されたコインを使って商品を購入することや寄付することもできる。プロジェクトではこのシステムを利用し、廃プラスチックとエコポイントを交換する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事