> > 台風の移動速度、温暖化により10%低下 気象庁気象研究所等が予測

台風の移動速度、温暖化により10%低下 気象庁気象研究所等が予測

画像はイメージです(© nasaimages / amanaimages PLUS)

気象庁気象研究所などの研究グループは1月8日、地球温暖化に伴う台⾵(熱帯低気圧)の移動速度の将来変化を評価し、今世紀末には、⽇本を通過する台⾵の移動速度が約10%遅くなるという研究結果を発表した。

同研究は、多数の数値シミュレーションの結果を⽤いて、地球上で発⽣する全熱帯低気圧を対象として、その移動速度の将来変化を評価したもの。その結果、現時点を超える緩和策を講じることなく地球温暖化が進行した場合、今世紀末における熱帯低気圧の移動速度は、日本が位置する中緯度帯で約10%遅くなることが判明。また、⽇本の位置する北⻄太平洋域の台⾵のみを対象とした検証においても、同程度に遅くなる結果となったという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.