> > 東京ガス子会社と三井物産 タイ再開発の地域冷房・配電事業に参画

東京ガス子会社と三井物産 タイ再開発の地域冷房・配電事業に参画

One Bangkokの完成予想図

三井物産(東京都千代田区)と東京ガスエンジニアリングソリューションズ(TGES/東京都港区)は、タイの民間電力大手Gulf Energy Developmentと共同で、バンコク市内再開発事業「One Bangkok」での地域冷房・配電事業に出資参画すると発表した。

3社とGulf Energy Developmentを傘下に収めるTCCグループが共同出資したBangkok Smart Energyを通じたもの。TCCグループ傘下の不動産会社で「One Bangkok」の開発を手掛けるOne Bangkok(OBC)と、1月6日にユーティリティー開発契約を締結した。

023883-2

調印式の様子(1月6日バンコクにて実施)

総事業費は約120億円を見込む。三井物産、TGESそれぞれ、OBCの子会社で地域冷房事業を行うBangkok Smart DCSに16%ずつ、一括受電した電力の配電事業を行うBangkok Smart Powerに13%ずつ出資する。

16棟に30年間にわたり冷熱・電力を供給・販売

「One Bangkok」は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.