> > リコー 倉庫でも発電するモジュール2月発売、環境センサーの稼働も可能

リコー 倉庫でも発電するモジュール2月発売、環境センサーの稼働も可能

開発中の「RICOH EH DSSCシリーズ」搭載のプロジェクターリモコン

リコー(東京都大田区)は1月15日、室内照明でも発電できる太陽電池モジュール「RICOH EH DSSC シリーズ」を2月下旬より順次販売開始すると発表した。これは色素増感太陽電池モジュールで、微弱な光でも発電可能。寿命、導入コスト等は、アモルファスシリコンと同程度で、今後、センシングデバイスの電源としての活用が見込まれる。こうしたモジュールは発電効率に課題があったが、同製品は10センチ四方以下のサイズで、室内でCO2センサーを稼働させることができるという。

また従来の色素増感太陽電池は液体型で、電解液を用いる電池が抱える液漏れや腐食等、安全性や耐久性にも課題があった。今回同社は、電解液を固体材料のみで製品を構成することで、これを克服。なお、固体型の色素増感太陽電池モジュールの発売は世界初という。

モジュールのサイズ等の仕様、製品特徴は以下の通り。

3サイズ展開、幅広い色や環境センサーやリモコンも開発中

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.