> > 塗布型有機薄膜太陽電池の高効率化に成功 広島大学らの共同研究チーム

塗布型有機薄膜太陽電池の高効率化に成功 広島大学らの共同研究チーム

画像はイメージです(© hunterbliss / amanaimages PLUS)

広島大学、大阪大学、京都大学、千葉大学、高輝度光科学研究センターらの共同研究チームは1月14日、フッ素導入技術を応用した新たな塗布型有機薄膜太陽電池の開発に成功したと発表した。

今回の研究成果のポイントは以下の通り。

  • フッ素原子を持つ新しい半導体ポリマーの開発により、塗布型有機薄膜太陽電池(OPV)の高効率化に成功した
  • フッ素の導入位置が半導体ポリマーの性質や太陽電池性能に及ぼす影響を解明した

共同研究チームは今回の実験において、「PNTz4T」という半導体ポリマーに対し、別の化合物を利用して開発したフッ素導入技術を適用することで、太陽光エネルギーを電力に変換する変換効率が向上し、出力電圧が高まることを発見した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.